運営者のプロフィールはこちら!

コップひとつで集中力を上げる!!勉強中の水分補給を忘れるな!

今回は勉強中も水分補給しないと大幅にパフォーマンス下がっちゃうよっていう話。具体的には集中力や記憶力低下につながってしまいます。

 

水分補給と言えば、運動中にしないとやばいという印象が強いと思いますが、勉強中もしないとやばいです。

 

スポンサーリンク

飲め、水を!!

正直、「水分補給程度でなんか変わるの?微々たるものでしょ笑」なんて思うかもしれません。(僕はそう思ってました・・・)でも大丈夫です。変わります。

 

まずは有名な実験をひとつ紹介します。

 

イースト・ロンドン大学とウェストミンスター大学の研究で、科学誌『Frontiers in Human Neuroscience』に掲載された研究。

 

知的な作業に集中する前に

  • 水を飲むグループ
  • 水を飲まないグループ

に分けて両者を比較してみると、

 

水を飲んだグループはそうでないグループに比べて反応時間が14%も早くなったとの結果が出たそう。水を飲む、飲まないだけでかなりの差が生じてますね。

 

 

人の脳の80%は水分でできている

人の体って大部分が実は水分でできてるという話は有名ですよね。どうやら脳の80%は水分でできているそう。そりゃあ少しでも水分不足になったらパフォーマンスが落ちて当然ですね。

 

具体的には2%の水分を失うと、集中力などに大きな影響が出てしまうそう。

 

2%まで行かなくても少しの水分不足で脳の機能は落ちてしまうそう。こういうのって気づかないうちにどんどん落ちていってしまうので気を付けたいところですね。

 

まとめ

脳のパフォーマンス低下を防ぐためにも、こまめな水分補給は大事ですね。1時間に1回、コップ1杯程度の水を飲んでおくのがいいと思います〜。僕も水飲みながら記事書いてます。

 

あなたも是非、勉強中も水分補給に気をくばってみてください〜。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました